• 白い家
  • 家づくりの知識

    野菜

    オーダーメイドという言葉をよく耳にしますが、最近は個の時代になっていますので、住宅でもありふれた既製品ではなくオリジナルの家を作る人も増えてきています。
    注文住宅がまさにオーダーメイドの住宅になります。
    注文住宅の良さは、自分がイメージした家を作ることができることです。
    例えば、間取りや使う素材などをこだわって選ぶことで、より理想に近い家を建てることが可能になるのです。
    建売住宅と注文住宅ではそれぞれメリットデメリットがあるため迷っている人もいます。
    もし、すでに土地を持っている人や土地を買うあるいはもらう予定がある人や、頭の中にしっかりとした家のイメージがある人なら注文住宅を建てたほうがより満足感を得られます。

    注文住宅を注文する場合は、どこに注文するかによって少し違いがみられます。
    一つ目がハウスメーカーです。
    ハウスメーカーとは主に戸建ての住宅を建設してるメーカーのことです。
    ハウスメーカーで注文する場合のメリットは、かなり多くの家を建ててきているため、熟練の大工が建てます。
    そのため問題が発生する可能性が少なくて済むのが特徴です。
    ただし、デメリットとして、建てられる住宅の種類が限られてしまうことです。
    もう一つは設計事務所です。
    設計事務所のメリットはお客さんと向き合うことを大事にしていますので、しっかりとした完成後のイメージがある場合には設計事務所にお願いをしたほうが理想に近い家が出来上がりやすいのです。
    もちろんデメリットもあり、イメージがあいまいのままだとイメージと違った家ができやすいのでしっかりとしたイメージを持ってから注文住宅を注文しましょう。